個人でも楽しめる水中ドローン、おすすめはどこのメーカーか

近年個人でもドローンを楽しんでいる人が増えており、需要は娯楽の方にも伸びています。そんなドローン、空中のものと水中のものがありますが、より個人でも扱いやすい水中ドローンのおすすめをご紹介いたします。

個人でも楽しめる水中ドローン、おすすめはどこのメーカーか

水中ドローン,水中ドローン 通販

ドローンは作業などの現場で重宝されており、人が入ることができない場所、上空からの撮影、人員の体力の温存などの目的で使われるものとなっています。
ドローン自体にあらゆる機能が搭載されており、その機能によっては出来ることが異なり、非常に幅広い利用方法が期待されています。
まず基本搭載されているのはカメラで、高画質撮影も可能、4K対応となったカメラが搭載されているものもあり、細かい部分まで視認可能のカメラが利用できるようになっています。
ドローンの搭載機能によっては温度計などの役割も果たし、そしてアームをつけることで作業や荷物の移送も可能にしているのでさまざまな場面で利用されています。
しかし空中ドローンは無人飛行機の区分になるので航空法の適用があります。
そのため飛ばしてもいいところに制限があり、しっかり法に基づいた利用が義務付けられています。
一見ラジコン感覚の玩具のように感じるかもしれませんが、法を守ってその中で利用しなくてはならず、制限がやや多いものなのです。
しかしドローンは空中でなく水中利用のものもあり、そちらは個人でも扱いやすいものとなっています。
水中利用であるドローンは基本規制が存在しておらず、個人で自由に扱いやすい、そんな機器となっています。
そのため作業などの専門的な現場ではなく個人の娯楽のお供に利用しやすい、そんなドローンとなっています。
主な利用方法は水中の中の様子を見ること、個人で利用できるものでも4K対応カメラが搭載されたドローンが10万円以下で購入できる場合もあり、マリンスポーツや釣りのお供に購入する人が多いです。
この水中ドローンがあると水の中の観察は勿論、釣りの時に先にドローンで魚の様子を観察し、より釣れやすいスポットを探すなどの場合に非常に役立ちます。
水の中の様子をカメラで映し手元のスマホで確認するだけ、デメリットは有線でないと使えない、という点がよく挙げられていますがそれでも十分な水深で使用可能となっていますので個人的な利用をする際特になんら問題なく楽しんでいただけるようになっています。
ではこの水中ドローン、どういったメーカーのものがおすすめなのか、これからドローン撮影も趣味の一環にしたいと考えている人にとって気になるところです。
水中ドローンを取り扱っているメーカーはいくつもあり、そしてそれらはネット上でも勿論購入できるものとなっています。
産業用から一般向けのものまで広く取り扱いしているのでそこから選ぶのはなかなか難しいもの、どういった点を重要視するかという部分で適した水中ドローンを選ぶ必要があります。
またいくらお値打ちなものを購入したとしてもけして安い買い物ではなく、あくまで手が出しやすいという範囲のものばかりです。
約10万円程度はかかる水中ドローン、しっかり納得のいく性能のものを購入し、娯楽でも快適に利用したいものです。
FIFISH、ROVなどおすすめとして挙げられていますが、どういった性能からこれらがおすすめされているのか、水中ドローン選びで大切なポイントも踏まえて選びたいところです。
水中ドローンは無線では上手く動作せず、有線のものがメインとなります。
そのためしっかり必要なものをフルセット用意しないと上手く動作しない場合もあり、キチンと動いたとしても上手く映像が反映されない、最悪動作不良を起こしてしまうなどの場合も起こり得ます。
そのためにもきちんとアフター保証の充実した店舗で購入するのも大切です。
いまはまだ水中ドローンは個人で導入されている方は少ないですが、産業向けだったものが個人用になりよりお値打ち価格で提供されるようになっています。産業向けで有名なFIFISH等もいまは少々値段は高めですが高機能の水中ドローンを発売していますのでこれから個人向けとしても高性能のドローンを販売されるのが期待できます。
いまはまだテスト段階でいくつかの水中ドローンが個人用にも販売していますが、産業用の3分の1程度の価格での販売でありながら4Kカメラ搭載、スタイリッシュなデザインのものが出回っています。
水中ドローン専門店で購入することが可能で、水中利用ということでメンテナンスなどが難しいようにも感じますが、購入店によってはそういったメンテナンスも別途で受け付けているところもあるためその後のケアも安心です。



水中ドローン,水中ドローン 通販

産業用ドローン、個人用ドローンの取り扱いをしている水中ドローン専門店もあり、そこではさまざまな水中ドローン及びその関連商品が購入できるようになっています。
産業用として利用されてる方が多かったのが水中ドローンですが、規制などもほぼ存在せず個人での利用のしやすさに着目し、個人向けで楽しめるドローンの販売も始まっています。
産業用で利用されている水中ドローンは約30万円前後と、少々個人で利用するには高めの設定となっています。
FIFISHなどが人気となっていますが性能やセット内容は非常に優れているものの少し手の出しにくい値段であることには間違いなく、産業用での需要が高いものとなっています。
ですが個人の水中ドローンは漸く販売が開始されたばかり、そのため個人利用に十分な機能を搭載し、個人利用には必要のない機能を省いて価格面でも改良された水中ドローンが販売されるのが期待されます。
そんな個人用ドローンはレジャーで利用しやすい機械となっており、マリンスポーツのお供や釣りの際に利用しやすいものとなっています。
水中に潜り楽しむスキューバダイビングなどマリンスポーツはたくさんあります。
ですが泳ぎが苦手などの理由でそういった場に行ってもなかなか水中遊泳を楽しめない、そんなお悩みを持った方もいらっしゃいます。
そんな方におすすめとなっているのがこうした水中ドローンで、搭載されたカメラから水中の様子を確認でき自分が潜っているかのように自由に操縦できます。
陸上でスマホやオプションの液晶を通して水中の様子を確認できるので、小さなお子様連れでのレジャーにも最適、みんなで水の中の生き物の観察が可能となっています。
水の中には陸上にはない生態系が沢山あり、そうした生物の様子を観察できる機会ができるのでレジャーのお供にぴったりとなっています。
他にも釣りが趣味の方にとっては魚を直接目視しての釣りが可能となっており、釣りの穴場も見つけやすくなっています。
思いもよらない大物との遭遇も期待できるのでこうした現場に積極的に取り入れたい、そんな機器となっています。
水中ドローンは最近積極的に産業の現場で活用され始めたばかりですが、これから空のドローン同様に需要を伸ばしていく見込みです。



水中ドローン,水中ドローン 通販

水中ドローンの個人でも扱いやすいという理由の一つとして法規制が少ないという点があります。
空中ドローンを利用した場合、それは「無人飛行機」扱いとなりますので航空法適用の範囲となり、飛ばせる場所が限られてくる、そんな条件があります。
つまりラジコン感覚で好きな場所で飛ばしてもよい、ということは一切なく、きちんと航空法の範囲内で空中ドローンを使うように義務付けられているのです。
そのため個人で利用するにはきちんと航空法の理解が必要、なかなかそこまで気が付かず知らずに航空法を侵害してしまう…そんな場合もあります。
水中ドローンに関してはこういった法規制はほぼ存在しておらず、自由に水中ドローンを利用できるという利点があります。
そのため何処でも利用しやすい、つまりは個人の趣味で扱いやすいため娯楽目的でこういった水中ドローンを購入しやすくなっています。
水中は無線が届きにくい環境なのでどうしても有線のドローンとなってしまいますが、それでも十分な水深を確保できる仕様となっています。
寧ろ墜落してそのまま破損してしまうなどの事故もないので空中ドローンよりも不安な面が少なく利用できる、そんなメリットがあります。
申請手続き及び規制も少ない、そんな水中ドローンを使ってのダイビング体験はレジャーでの楽しみとなります。
また水中ドローンの操縦講習を行っている所もありますので、そういったところに行けば一日で水中ドローンの十分な講習を受けることが可能となっています。



水中ドローン,水中ドローン 通販

これから個人利用の為の水中ドローンは様々な機種が出る見込みとなっており、今でも十分な機能を兼ね備えていますが産業用に開発されているドローンと同様に個人用ドローンもさらなる機能搭載が期待されています。
特にダイビングのお供として嬉しい機能である自動追尾機能、こちらは5m以内の人物を自動認識、追尾出来る機能がついています。
海中探索のエンターテイメントの為にも嬉しい機能となっており、産業用だけでない楽しい利用目的が期待されています。
産業用としてなら作業の様子のリアルタイム撮影など、安全確保のためにも役立ちます。
他にも使用時間の延長や、また利用可能な水深を更に深く、さまざまな機能をまとめて搭載した水中ドローンが開発されるのを期待されています。
FIFISH、ROVなどが有名どころですがいまはまだ少々値段が高く、なかなか購入づらい高級品となっています。しかしこうした水中ドローンを発売しているメーカーからより手ごろで、なおかつ高性能な誰でも手にしやすい水中ドローンが将来的に販売される可能性もあります。
これから水中ドローンの需要は飛躍的に伸びていく予想です。
いまはまだテスト販売段階のものも多く、水中ドローン専門店でも品切れしている場合もありますが、サービスや在庫が充実していく日も遠くはないのです。
個人で水中ドローンを楽しめる日がどんどん近づいてきています。